ストラテラとロキソニンは一緒に飲んでも平気?

ストラテラはロキソニンと併用しても平気?

まず最初に答えを言ってしまうと、ストラテラとロキソニンはリスクが小さい飲み合わせです。どうしてリスクが小さいかの理由と「ストラテラ」と「ロキソニン」がどんな薬かをからめて解説していきます。

 

ストラテラとロキソニンはなぜ併用しても平気なの?

 

ひとくちに医薬品と言っても数多くの物があります。どの薬も飲み合わせを考えなくていい物は一つもありません。ストラテラとロキソニンも何も考えないで飲むのはよくありませんが、比較的飲み合わせのよい組み合わせです。その理由に関して掘り下げていきます。

 

最初に飲み合わせが悪いケースについて考えていきましょう。飲み合わせが悪い組み合わせは基本的に、二つの薬の効果や仕組みが同じ
、という場合がほぼ全てです。

 

わかりやすい例としては、睡眠薬を二つ同時に飲んでしまうというパターンです。仮に一日に飲んでいい最大量が5mgの睡眠薬A・Bが
あるとします。「違う薬なんだから5mgづつ飲んでも大丈夫!」というのは正しいことでしょうか?名前が違っても、効果が似たようなものであれば睡眠薬Aを倍の10mg飲んだのとほとんど変わりません。2倍飲んでしまえば副作用も大きくなってしまうでしょう。

 

となれば、ストラテラとロキソニンの効果が似てたらまずいんじゃないの? と考える人もいるでしょう。 仮に効果が似たようなものであれば、飲み合わせも悪くなってしまうでしょう。そこで、ストラテラとロキソニンの効果と仕組みについて解説していきます。

 

ストラテラの効果と仕組み


ストラテラはADHD治療薬です。

 

ADHDの原因の一つとして脳内でのノルアドレナリン量の減少があると言われています。

 

ノルアドレナリンはモノアミンに分類される神経伝達物質で、意欲ややる気に干渉します。

 

ストラテラは脳内にあるノルアドレナリンが吸収されてしまうのを妨げ、脳内に留まらせることでノルアドレナリン濃度を上昇させて、ADHDへの治療を行います。

 

ロキソニンの効果と仕組み


ロキソニンは非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)です。

 

怪我の患部では、痛み・炎症の原因物質「プロスタグランジン」が生産されます。これにより、脳では「怪我をした場所に痛みを感じる」という情報を受け取ることができます。ロキソニンは患部に働きかけることで「プロスタグランジン」の生産量を減らします。痛みの原因となる物質が減れば、痛みも少なるなるということです。

 

 

 

ストラテラは脳内のノルアドレナリン濃度を上昇させてADHDを治療するロキソニンは、患部に働きかけて痛みの原因物質を減らす。散った形でそれぞれの薬は効果も仕組みも全く違うということがわかりました。

 

ストラテラとロキソニンは干渉しない

 

これまでも説明でわかるように、ストラテラとロキソニンは効果も仕組みも全く違う物です。これなら飲み合わせが悪くなることはありえません。

 

ですが、薬の組み合わせ次第では、効果も仕組みも全く違うのに悪影響を与えあう組み合わせも例外的に存在します。

 

AとBを併用するとAの効果が強まる
AとBを併用するとAの効果が弱まる

 

お互いの効果が関係なくても、効果を変えてしまうというパターンもあります。しかし、ストラテラとロキソニンはこの例外には当てはまりません。実際に利用されている方でも、このような報告は上がっていません。

 

ストラテラはロキソニンとの併用リスクは小さい?

 

ストラテラとロキソニンの飲み合わせ自体には問題はありません。ですが、注意点が1つだけあります。

 

ロキソニンは長期間服用を行うことで、胃の粘膜に小さくない負担がかかってしまいます。

 

そして、ストラテラは「吐き気」の副作用をもっています。症状自体は大きなものではありませんが、5%ほどの確率で発生していますので、これに悩まされる人もいるでしょう。

 

どちらの薬も大きな効果が望める為に、治療の為に副作用を受け入れる人も多いはずです。

 

ですが、ロキソニンの副作用により胃潰瘍になってしまっている状態で、ストラテラの吐き気まで来てしまったら、症状はかなり悪化してしまうことも考えられます。

 

なにか対処法を考える必要があります。

 

対策方法

 

仮に、ストラテラの副作用が出てしまった場合はロキソニンを他の薬に変えるという手段があります。

 

ストラテラもロキソニンも治療が目的なのでそうそう変えることはできないかもしれません。ですが、ストラテラは急な断薬や薬の切り替えに対するリスクがロキソニンより大きくなっていますので、返るとしたらロキソニンが優先されるでしょう。

 

鎮痛剤はバリエーションがありますし、同じNSAIDsでも胃への負担が少ないセレコックスへの変更をおすすめします。市販されておらず、ロキソニンよりも薬価が高くなってしまうのが弱点ですが、体への負担を考えればベストの選択肢とも言えます。

 

ストラテラとロキソニンは併用してもいいか直接医師に聞く


今までストラテラとロキソニンの飲み合わせはリスクが小さい、という解説を行いました。しかし、薬は使い方次第で、健康になったり逆に体に害がある物です。わかってはいても「もしかしたら何か起こるかも」といったもやもやは晴れないかもしれません。これを解決しないとすtレスになってしまいます。

 

これまでの説明でも、疑念が晴れないようであれば、もういっそ病院で質問してしまいましょう。担当医に「併用しても何も問題はない」とお墨付きをもらえば気も晴れるでしょう。もしも質問する場合は、一切の疑問が残らないように「ストラテラとロキソニンは一緒に飲んでも大丈夫ですか?」と直接聞きましょう。

 

ストラテラの詳細

不注意や衝動性という注意欠陥多動性障害の方に対し、改善を目的として処方されるというのがストラテラの概要です。
現在において治療のために使用することが認可されている薬剤はストラテラともう一つのお薬の2つであり、どちらも医師から処方して頂くことで入手でき、薬局で個人的に購入することは不可能です。

 

世界で最も速くストラテラが発売が開始されたのはアメリカで2003年のことでした。
その後、販路が世界中に拡大していき日本では2009年に18歳未満の子供に用いることが承認されるようになりました。
さらに、2012年には18歳以上の大人にも承認範囲が拡大されたことで、尚更幅広い年齢の方々に処方できるようになったのです。
ただし、安全性と共に有効性も確かになっていないという理由から、今日も6歳未満のお子様には使用不可になっています。

 

こうしたストラテラは、有効成分により脳における前頭前野に多々存在している神経伝達物質のノルアドレナリンを活発化させられます。
前頭前野は行動をコントロールしたり、順序よく動くための司令部であることから、ストラテラで訴求するとこれまで苦手としていた注意深く活動したり、静かに過ごすことができるようになります。

 
http://www.englishman-shangoband.net/ http://www.francehotels-paris.com/ http://jcii-hitec.com/ http://nanosprayterapi.com/